配偶者ビザの申請について

配偶者ビザは入籍してから申請をするという流れになります。

配偶者ビザの申請に関しては、こちらのブログが良くまとまっていますので参考にして下さい。
配偶者ビザの申請 NAVI

日本人が外国に住む外国人と結婚して、外国人が日本に住む場合、「日本人の配偶者等」という在留資格(ビザ)が必要になります。この配偶者ビザは婚約している段階では取得できません。取得するには入籍する必要があります。

逆をいうと、入籍をしたのに配偶者ビザがもらえないというケースも発生する可能性があります。国際結婚自体は手続き的に必ずできます。しかし、配偶者ビザは結婚したからといって必ずもらえるわけではありません。

配偶者ビザを申請するためには、「私達の結婚は正真正銘の結婚であって、偽装結婚ではない」と判断してもらうために、しっかりと資料を準備して申請する必要があります。資料を準備したり、入国管理局に自分たちのことを説明する責任は、自分(あなた)にあります。

ですので、結婚したはいいが、配偶者ビザが取得できないというのは最悪の気持ちになると思います。大好きな相手と日本に住むことができなくなりますから。

なぜ、不許可になる可能性があるかというと、入国管理局の審査で審査で落とされるからなのですが、まず、ビザ目的の偽装結婚が非常に多いからという理由があります。偽装結婚はよくニュースでも取り上げられますよね。

ですので、自分で説明したり証明したりするやりかた(方法)が良くないと、偽装結婚ではないのに不許可になってしまうというのが、配偶者ビザ申請の特徴になります。そして、差別ではありませんが、アジアの方々との結婚の方が欧米の型との結婚よりも審査が厳しい傾向にあるようです。

▲ページトップに戻る